連絡がマメじゃない彼氏の心理とは?

彼氏との連絡頻度はどのくらいですか?

 

「もちろん毎日取り合っている」「2日に1回」「1週間に2〜3回」など、その答えもカップルによって違ってくるはずです。

 

では、あなたは彼と今の連絡頻度で満足していますか?「もっと連絡を取り合いたい!」と考えている方は少なくないはずです。

 

しかも、そういった方の彼氏というのは、「マメじゃない男」が多いのではないでしょうか?

 

こういったマメに連絡ができない男が急増中で女性たちが困っています。

 

では、なぜ連絡をマメにしないのか?そんな男たちの心理に迫ります。

 

1. 面倒だと感じている

「マメに彼女にLINEを送る」「定期的に電話をする」こういった当たり前に感じる行動ですが、それをどうしても面倒に感じてしまう男性は非常に多いです。

 

そもそもLINEであれば文章を作って打たなければならないので、その時点で「面倒だ」と感じる人もいるでしょう。これは彼女が嫌だとかいうわけではなく、メッセージを打つのが面倒なんです。

 

そもそも頭で考えている事を文章にするのを苦手とする男性は多く、そんな男性であればなおさら面倒に感じてしまう事でしょう。

 

普段LINEのメッセージがそっけなかったり、会った時とLINEでのやり取りにギャップがある彼であれば、マメに連絡することを単純にめんどくさがっている可能性が高いです。

 

こんなめんどくさがりの彼にマメな連絡を要求しても、難しいかもしれません。

 

また、強要してもなおさら面倒に感じられてしまうので、こちらからマメに連絡を取り合い、そのやり取りの頻度を普通に感じさえていくと良いかもしれません。

 

2. 彼女以外の時間も大切にしたい

彼氏がいれば「もちろん私を一番に考えてほしい」と誰しもが思う事でしょう。しかし「彼女よりも大切なものがある」「彼女だけに時間を取られたくない」そう考えている男性も少なくはありません。

 

そんな考えの彼であれば、マメな連絡をしてくることは皆無だと考えられるでしょう。自分の趣味や、彼女以外の友達など、優先すべき事がたくさんある彼ならば、仕方がない事なのかもしれません。

 

こういった考え方は人それぞれであり、恋人だからといって「彼女を第一優先」にしなくてはいけないという義務はありません。自分の生活スタイルがあり、その中の一つが彼女であるというだけです。

 

なので、必然的に彼女への連絡頻度も減るでしょうし、自分が好きな事をやっている時には、なかなか連絡が取れなくなる時もあるのではないでしょうか。

 

こんな彼と付き合うには、自分も彼を一番の優先順位にするのではなく、彼以外との時間を大切にできるようになれると良いでしょう。

 

3. 彼女に興味が薄れてきた

「今まではマメに連絡をくれていたのに…」そんな状態から、少しずつ連絡する頻度が減っていったというのであれば、彼はあなたに対しての興味が薄れているのかもしれません。

 

付き合う前、または付き合い始めてから一貫して「マメに連絡しない彼」であれば、様々な理由が考えられますが、始めは「マメに連絡をくれていた」のに、それがなくなってしまうのは、心境の変化が考えられます。

 

そういったタイプの男性は、好きだと感じている時にはマメな連絡を取る事ができるんです。現に付き合う前や付き合い始めはマメに連絡をしていたんですからね。

 

しかし、悲しい事に人間には「飽き」というものが来てしまいます。「彼女が好きだからもっと連絡を取りたい!」「もっと彼女の事が知りたい!」といった気持ちがあれば、マメに連絡できるものの、こんな気持ちが薄れていけば、連絡をしようとも思わなくなってしまうはずです。

 

前に比べて彼からの連絡頻度が極端に少なくなっている時に、「もしかして飽きられているかも」と考える必要があります。

 

4. コミュニケーションが苦手

人とのコミュニケーションが苦手、いわゆるコミュ障といわれる、人と接する事を嫌うタイプの男性はマメに連絡することを避ける傾向にあります。自分から彼女に連絡することを遠慮しちゃっているケースですね。

 

面倒だとか、連絡を取りたくないと考えているわけではなく、ただ「連絡しても伝える事が思い浮かばない」「自分から連絡して嫌がられないかな?」といった考えになっているので、彼女次第ではマメに連絡をしてくれる彼氏になる可能性も秘めています。

 

大切なのは、そんな彼の性格を理解してあげることです。求めるのではなく、どんどん彼に与えていきましょう。

 

「こんな時に連絡してくれたら嬉しい」「こんなメッセージが送られてきたら嬉しい」など、自分がどうして欲しいのかを伝えていくようにすると、彼の方からも連絡がくるようになるはずです。

 

恋愛経験値が低い彼ならば、このような状況も考えられるはずなので、彼の性格やどのくらいの恋愛経験値があるのか?といった部分も見極めて理解してあげる事も大切ですね。

 

5. 特に何も考えていない

彼女の方は「もっとマメに連絡してほしい」「なんでマメに連絡できないの?」と考えてるけど、彼の方は特に何も考えていない可能性があります。

 

彼女との関係性に今のままで満足しているといったことも考えられます。つまり、彼女が悩んでいるほど、彼は何も気にしていないといった状態ですね。

 

これは直接彼に伝えて改善できるのであれば、改善してもらうのがベストですね。こういったタイプの彼であれば、「いつかは気付いてくれるだろう」と待っているよりも、すぐに直接言った方が伝わりやすいです。

 

「もっとマメに連絡してよ!」とストレートに言う事で気付いてくれる場合もあります。コミュニケーションが苦手な男性と同じように、求めるのではなく与える、大袈裟に言えば「彼は私が育てるんだ」といった気持ちで付き合うと上手くいくかもしれませんね。

 

もちろん自分本位に物事を動かすのではなく、彼が「マメに連絡するのは大切なんだ」と思ってもらえるように働きかけていけるようにしましょう。

 

おわりに

人それぞれ、恋人との「適度な連絡頻度」というのは違ってきます。

 

あなたは毎日連絡をしたいと考えているかもしれませんが、彼は1週間に1回で十分と考えているかもしれません。

 

これはどちらも否定をすることができませんし、どちらが正しいといった正解もありません。

 

しかし、こういったことが原因で仲が悪くなったり、関係を続けていく事が難しくなる事もあるでしょう。

 

そうならない為にもしっかりと話し合い、お互いが歩み寄る姿勢を見せて、2人だけの「適度な連絡頻度」を作っていきたいものです。

彼との音信不通で悩む女子必見!

これを知らずにむやみに行動すると、音信不通どころか彼との仲が修復不可能になってしまう恐れがあるのでお気を付けください。