音信不通にするのって罪悪感ないの?音信不通にした男たちの本音

どんな理由があるにせよ、いきなり音信不通になる男の人というのは信用ができません。

 

事故や病気といった予期せぬ出来事であれば話は別ですが、普通の感覚であればいきなり連絡を遮断するという行為は、人として考えられない行為です。

 

実際、このような音信不通にする男は罪悪感というものを感じているのでしょうか?音信不通にしてしまった男たちのリアルな本音を集めてみました。

 

1. 申し訳ない気持ちでいっぱいでした

僕が彼女と連絡を取らなくなった理由は、好きな人ができたからです。遠距離恋愛だったので、会いたい時に会えないという寂しさから距離の近い女性を好きになってしまったんです。

 

頭では駄目だとわかっていたんですけど、どうしても気持ちを抑える事ができませんでした。別れ話をしようとも考えたんですけど、責められるのが怖くてどうしても切り出す勇気が出なかったのが本音です。

 

メールやLINEなども読むだけで返信もせず、電話も取らず罪悪感でいっぱいでした。最後に来たメールの内容が「忙しいのかな?落ち着いたら連絡待ってるよ。」といったことでした。

 

自分勝手な理由で音信不通にしているにも関わらず、怒らずに「待っている」という言葉を送ってくれた彼女には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

 

でも、今さら連絡なんてできないと思っているので彼女には連絡をしていません。好きな人ともうまくいかず、本当に後悔しています。

 

おそらく彼女はすでに僕の事なんて何とも思っていないはずですが、勇気を出して一度連絡してみようとも考えています。

 

2. 自分がされてから気付いた

正直なところ、あまり彼女に対して固執していませんでした。そういったこともあり、マメに連絡をすることもなく1週間に1回から2回くらい連絡すれば良い方でした。

 

何よりも、社会人になりたてで仕事が忙しいのと、友達と遊ぶのが楽しくて、かなり充実していたのも大きな原因です。彼女からも「もっと構ってくれても良いんじゃない?」なんてことも言われましたが、「面倒だな〜」くらいにしか思えませんでしたね。

 

そして、どんどん自分の方からは連絡をすることが減っていきました。最初は頻繁に彼女から連絡がきていて、その数日後に返信といった流れだったんですけど、次第に無視することが多くなり、いつしか完全に返さなくなりました。

 

その時は音信不通にすることに対しての罪悪感なんて微塵も感じられなかったです。「別に結婚しているわけじゃないんだから、自然消滅したって問題ないよね?」といった感覚でした。しかし、それから2年後、全く逆の立場になってしまうなんて・・・。

 

会社の同僚だったのですが、心から好きで本気で結婚したいと思える彼女ができたんです。そうです、その彼女に音信不通にされてしまったんですね。

 

「いきなり音信不通なんて考えられない!」と怒りの感情が湧いてきたと同時に、2年前のことが頭に浮かんできました。「俺も同じ事やってんじゃん・・・」

 

そう考えると、罪悪感というか本当に最低なことをしたんだなと気付きました。音信不通なんて、相手が辛いだけです。絶対にしない方が良いです。

 

3. 音信不通にされて当然な彼女

彼女の連絡は一切無視、LINEもブロックして着信も拒否しました。引越しもしたので、完全に音信不通の状態になりましたね。でも、罪悪感は全くありません。音信不通にすること自体が悪い事だという認識はありません。

 

普通ならそんなことはしません。しかし、されてもおかしくない人もいるんじゃないかな?とも思います。元カノは、本当にワガママというか常に自分が中心で物事が進んでいかないと不機嫌になるような子でした。

 

男って仕事が忙しくなると、どうしても彼女に対しての連絡なんかを怠ってしまったりしませんか?彼女と同様に仕事も大事なので当然のことだと思います。そんな言い分が通用しない女だったんです。

 

「いくら忙しくても連絡くらいはできる」「何で私をこんな寂しい気分にさせるの?」仕事終わりで疲れているのに、携帯を見るとそういった内容のLINEが長文で・・・。LINEの長文って本当に怖いんですよね(笑)

 

そんな彼女に嫌気がさし、別れ話を切り出すと「別れない!」の一点張り・・・。それから、毎日もの凄い数のLINEメッセージ、もう手に負えないと考えた僕は、彼女からの連絡は一切無視の音信不通を決め込んだわけです。

 

もうね、話が通じない相手は音信不通にするのが一番と考えてしまうくらい彼女はひどかったです。今まで、音信不通にしたことなんてなく、これ一回限りです。でも、後悔もしてなければ罪悪感も全くなく、スッキリとした気持ちしかありません(笑)

 

4. 罪悪感なんてゼロ

本音を話してしまうと、別れ話とかするだけ無駄だと思ってます。最初から本気なわけじゃないし、別れ話をして泣かれたりしたら本当に嫌な気分になってしまう。

 

最低な男なんですかね?でも、1週間くらい着信拒否になれば「もう振られたんだな」って気付きませんかね?そっちの方がきっぱり諦められると思うのは、自分だけですかね?

 

別れ話をするくらいの深い関係になるのも嫌だなっていうのもあります。できれば、もっと遊びたいし気に入った子がいればすぐにアプローチをかけたいです。

 

遊べるのも今だけだろうし、1人の彼女に縛られるのはちょっと厳しいかなと思います。だったら彼女作るなよなんて言われそうですが、恋人にならないとエッチさせてくれない子が多いんで、それはしょうがないかなと思います。

 

これが逆の立場でも自分は全く何とも思わないです。付き合っていた子が音信不通になったのであれば、その子を諦めるだけです。自分はこんな考え方なので、罪悪感は全く感じませんね。

 

5. 罪悪感のあまり復縁した

私は、自分から音信不通にしておいたのに罪悪感から再び彼女に連絡を取り復縁をしました。都合の良い話ですが、音信不通にしてみて気付くことってあるんですね。

 

音信不通にした理由は、ただ彼女と別れたいと考えたからです。でも別れ話って結構勇気がいるじゃないですか?なので、何も言わずにそのままフェードアウトすれば、簡単に別れられるかな、といった気持ちから音信不通にしたんです。

 

彼女は去る者は追わないといったスタンスだったので、私から連絡を取らなくなってからは2回程しか連絡がきていません。LINEが一回と電話が一回です。その連絡を無視したカタチですね。

 

それから1ヶ月、2ヶ月と経過して、やっぱり連絡を無視するのって最悪なんじゃないかと思えてきたんです。心から罪悪感でいっぱいになり、彼女に連絡、本気で謝罪をしました。

 

そして、優しく許してくれた彼女に惚れ直し復縁をしたわけです。気弱な人は、絶対に罪悪感でいっぱいになるはずですよ。

 

まとめ

自分から音信不通にしてしまったことで罪悪感を感じている男は、思っている以上に多いです。しかし、その罪悪感に対して正面から向き合っている人は少ないと感じます。

 

また、逆に罪悪感を全く感じていない人がいるのも事実です。音信不通にする男というのは、基本的に嫌な事から常に逃げているような男が多いです。

 

こういった男に振り回されないように、男を見る目を養っていきたいですね。

彼との音信不通で悩む女子必見!

これを知らずにむやみに行動すると、音信不通どころか彼との仲が修復不可能になってしまう恐れがあるのでお気を付けください。