彼氏から連絡が来ない時に彼女がやってしまいがちな5つの失敗

彼氏にメッセージを送ったのになかなか返信してもらえない・・・。そんな時、あなたはどのような行動をしていますか?

 

もしかしたらあなたの取ったその行動が彼氏との関係を悪化させてしまうかもしれません。

 

彼女がやってしまいがちな5つの失敗

彼氏からなかなか連絡が来ない時に彼女がついやってしまう5つの失敗をご紹介します。

 

「私やっているかも・・・」というものがあったら、彼氏から重たい女と思われてしまっているかもしれません。

 

失敗@「なんで返事くれないの?」と返事を催促してしまう

連絡が遅かったり、なかなか既読がつかなかったりする時にやってしまいがちな返事の催促。

 

「彼女なんだからこれくらい当然」「遅いんだからしょうがない」という気持ちになるのは分かりますが、彼氏にもその怒りが伝わり、返事しにくくなります。

 

また、一方的にメッセージを送り続けると「こっちの都合は考えてくれないんだな」「自分勝手だな」と思われてしまいます。

 

失敗A「私のこと嫌いになったんでしょ!」と早とちりしてしまう

これはネガティブな気持ちになりやすい人がやってしまいがちな行動です。

 

連絡がつかなくなった時に「ああ、私は嫌われているんだ」「もういい」という悲観的でなげやりな気持ちになってしまい、勢いでそれをそのまま彼氏に伝えてしまいます。

 

突然のなげやりなメッセージに彼氏は驚いてしまいます。「そんなふうに思っていないのに」と思っていた彼氏もあなたのなげやりな言葉にショックを受け、それまでまったく悪くはなかった2人の関係が急に悪化してしまいます。

 

失敗Bスタンプでかまってちゃんをアピールしてしまう

彼氏から連絡が来ない時、メッセージではなくスタンプを送るという人もいると思います。

 

最近では「今何してるの?」「はやく既読つかないかな」など遠回しに連絡を催促するスタンプが流行っています。

 

スタンプはメッセージより気軽に送れるし、そんなに重くならずに済むと考えているのでしょう。スタンプで上手くコミュニケーションの取れるカップルもいるのは確かです。

 

しかし、彼氏にとってスタンプとメッセージは同じくらいの意味を持ちます。特にふだんスタンプを送る習慣のない彼氏の場合、言葉のやり取りよりもスタンプの方が重く感じてしまう可能性があります。

 

たまに送る分には「かわいいな」と思ってもらえるかもしれませんが、何度も送り続けると「何が言いたいのか分からない」「重たい」と思われてしまうかもしれません。

 

失敗C怒りの電話をしてしまう

彼氏のことが気になりすぎて、怒りの電話をかける人がいます。確かにメッセージではなく直接電話をかければ出てもらえる可能性はあります。

 

しかし、それが怒りながらだった場合、電話に出た彼氏は「そんなに怒ることなのか」と気を重くしてしまいます。

 

また、怒りに任せて時間に関係なく、仕事中や夜中などに突然かけると「常識がないんだな」「こちらの都合はお構いなしか」とも思われてしまいます。

 

このように一時の感情で行動してしまうと、彼氏に距離を置かれてしまう原因になります。

 

失敗D寂しさのあまり他の異性と連絡を取ってしまう

通常ならばやってしまわないことでも、「寂しい」「つらい」というネガティブな感情が高まるあまり、取り返しのつかないことをしてしまうことがあります。その一つが彼氏以外の異性と連絡を取ることです。

 

相談のできる相手が異性しかいない、異性の友達が多いという人もやってしまいがちなこの行動は、彼氏からすれば「軽い女だな」「自分以外にも他に相手がいるのではないか」と思われる原因になってしまいます。

 

連絡が来ない時の過ごし方

ここまでお伝えしてきた彼氏から連絡が来ない時に彼女がやってしまいがちな失敗5つはすべて、寂しさや心が離れてしまうことの恐怖、怒りなどの「感情」を直接行動につなげてしまうことが原因です。

 

これらの感情を彼氏ではなく他のことに使ってみるということはできないものでしょうか。彼氏と連絡が取れない時でも穏やかに過ごす方法についてご紹介したいと思います。

 

過ごし方@感情は無理に抑え込まない

彼氏に感情をむき出しにしてしまうと失敗するということは何度もお伝えしてきましたが、かといって「寂しい」「つらい」といった感情を無理に抑え込む必要はありません。

 

彼氏以外の別のことにぶつければ良いのです。誰もいない所にいって叫んでみる、バッティングセンターなどストレスをぶつけられるところに行ってみる、友達に愚痴ってみる、など彼氏以外にも感情を爆発させても良い環境はたくさんあります。

 

感情を無理に抑え込んで我慢をし続けると心のバランスが崩れてしまうので、彼氏とは関係ないところでたくさん爆発させましょう。

 

過ごし方A新しい趣味を見つける時だと考える

彼氏と連絡がつかないことを悪いことだと考えがちですが、反対に「彼氏がいない今なら一人でもできる」というものを探してみてはいかがでしょうか。

 

彼氏のことで心が不安定になってしまう人の多くは一人になった時にすることがなく、彼氏のことを考えることに自分の時間を使ってしまっています。

 

一人の時でも遊んでいられるような趣味や、心に余裕持てるような時間があればつらい気持ちも軽くなりますし、なにより彼氏に依存しないで済むようになります。

 

お互いに自立して活動できるカップルは、連絡が取れない時でも安心して関係を続けていくことができるので、「趣味ってあまりないな・・・」と思われた人は、まず自分一人でも楽しめることを見つけましょう。

 

過ごし方B彼氏との関係を見つめなおす時間にする

彼氏と連絡が取れない時は彼氏との関係を見直すチャンスでもあります。

 

普段感情に任せて関係を続けている人でも、連絡が取れない時は物理的な距離があるため客観的に自分たちのことを考えることができます。

 

この時、連絡をくれない彼氏の悪いところばかりを見つめるのではなく、ふだん何気なくしてくれていることや良いところも見つけるようにしてください。

 

彼氏と連絡がついたら伝えたいこと、一緒にしてみたいことも考えてみると今よりも心に余裕が持てるようになるかもしれません。

 

重たい女にならないために

どんなに我慢していてもネガティブな感情が噴き出してしまうことはあります。

 

感情に身を任せて行動して、後から自己嫌悪に陥り、また彼氏に当たってしまうという悪循環に陥ってしまっている人もいるでしょう。

 

まずはつらい気持ちや寂しさを抱えてしまう自分のことを許してあげてください。今抱いている気持ちが彼氏のせいだったとしてもそれは仕方のないことです。無理に抑え込まずに自分の気持ちと向き合ってみましょう。

 

重たい女、というのは悪い意味で捉えられがちですが、それだけ彼氏のことを想っているということでもあります。あとは自分の素直な気持ちを彼氏に伝えるだけです。

 

感情的にならずに伝えることができれば、お互いに連絡の取れない時でも安心できる関係を築いていけるはずです。

彼との音信不通で悩む女子必見!

これを知らずにむやみに行動すると、音信不通どころか彼との仲が修復不可能になってしまう恐れがあるのでお気を付けください。