【男の本音】彼女がめんどくさいと思うとき5選

男性は彼女に対し、めんどくさい・・・と思うことがあります。

 

女性は好きだからこそついやってしまっている行動かもしれませんが、自分の間違った行動に気がつかず彼氏に対し今まで通りの接し方を続けてしまうと、"めんどくさい"では済まなくなることもあるでしょう。

 

最悪の場合、彼氏から別れを切り出されてしまうこともあるのです。もし彼氏の態度が今までと違うと感じたら、めんどくさい女になっているから彼はそのような態度になっているのかもしれませんよ。

 

そこで今回は、彼氏が彼女に対しめんどくさいと思う瞬間を5つご紹介いたします。もし当てはまっていることがあるのなら、すぐに直したほうがよさそうです。

 

1. しつこく連絡がくる

彼女からしつこく連絡がくるとき、男性はめんどくさいと思います。男性の多くはメールやLINEを連絡手段と考えているので、彼女から連絡がきても返信の必要がないと判断すると、そのままスルーしてしまいます。

 

このような男性の気持ちは、女性には理解することは難しいものです。そのため、好きな人と繋がっていたい、私の話を聞いてほしいなどという思いから、彼氏へ頻繁に連絡をしてしまう女性が少なくないのです。

 

それでも男性が彼女からの連絡を心待ちにしていたり、連絡する時間帯を考慮しているのであれば、めんどくさいと思われることは避けられたかもしれません。

 

男性からめんどくさいと思われる多くの場合は、仕事中や早朝、深夜など相手の都合を考えずに自分勝手に連絡を送るときです。彼はまだ返信していないのに、彼女から何度も連絡がくると着信音を聞くだけで、不快になることもあるでしょう。

 

それに加え、彼女から返信することを強要されると、更に彼の不満は大きくなります。「私はこれだけメールやLINEを送っているのに、なんで返してくれないの?」と、このように彼女から返信するように催促されるのは、男性が嫌う行為のひとつです。

 

彼女が連絡をしたからといって、彼は連絡ができる状態だとは限りませんよね。例えば仕事中や友達との飲み会など、彼は携帯を手に取ることができないこともあるはずです。それだけではなく、多忙な日々を過ごし疲れているのに彼女から返信されるように促されると、ますます返信する気持ちにはならないのではないでしょうか。

 

彼氏と繋がっていたい気持ちはあるかもしれませんが、彼の気持ちを配慮する思いやりの心は必要ですよね。もし今日起きた出来事を話したくなったのであれば、すぐに連絡をするのではなく、今度会ったときの楽しみにしたほうがよさそうです。顔を見て話したほうが、きっと楽しい時間を過ごせますよ。

 

2. 激しい嫉妬

彼女からの嫉妬が激しいとき、男性はめんどくさいと思うことがあります。女性の多少のやきもちは可愛いと思えても、他の女性と会話するだけで過剰に反応されると男性は窮屈に感じてしまうでしょう。

 

彼にも女友だちや会社の人など、彼女以外の女性と話す機会がありますよね。嫉妬心が強い女性は、"大好きな彼を他の女性にとられたくない""彼が他の女性に心変わりするかもしれないから不安"など、様々な想いを抱えているものです。

 

それだけではなく女性の中には、元カノの話を自分から聞いたのに、彼氏から昔の話をされた内容に嫉妬し怒る人もいるでしょう。聞かれたことに答えなくても怒られるのに、正直に話しても怒られると、めんどくさい以外の何物でもありませんよね。

 

そもそも彼氏は、彼女以外の女性と一生関わることがない生活は難しいのではないでしょうか。彼のことを好きすぎるからこそ嫉妬をしたり、束縛をしてしまうものですが、彼氏が女性と話す = 恋愛感情ではないですよね。

 

あまり彼のことを縛りすぎると、いつか"めんどくさい"では済まされず、彼女と離れて自由になりたいと思う日がくるかもしれません。彼のことが心配だとしても、"私は彼の彼女"だということに自信を持ちましょう。

 

3. 愛情確認が多い

愛情確認が多い女性に対しても、男性はめんどくさいと思いがちです。

 

交際当初であれば彼は、「私のこと好き?」と彼女から聞かれることが嬉しかったはずです。けれども頻繁に愛情確認をされると、男性は答えることがめんどくさいと感じてしまうことが多いでしょう。

 

女性は彼氏の気持ちが分からないと、不安になるものですよね。本当に私のことが好きなのかな・・・と、彼の気持ちを確認したくなることがあるでしょう。それに、好きな人から「好き」と言われると嬉しく、安心することができますよね。

 

それでも男性は愛情表現に関して、言葉にしなくても彼女は分かっているはずだと思っている人が多いのです。そもそも愛情表現を苦手だと考える男性も少なくありません。

 

そのため女性は彼氏から愛されているか、ますます不安になってしまうものですが、彼氏の日ごろの行動を見ると彼女に対する愛情を感じる部分があるはずです。

 

好きだと言葉にしてほしいものですが、愛情確認はほどほどにしましょう。

 

4. マイナス思考のかまってちゃん

マイナス思考のかまってちゃんの女性は、男性から間違いなくめんどくさいと思われます。

 

※マイナス思考のかまってちゃん = リスカやアムカなどの自傷行為、「どうせ私なんて・・・」という自分卑下など。

 

このタイプの女性は、悲劇のヒロインになりたがることが多いです。かわいそうな自分に酔い、彼に慰めてもらいたいという気持ちが強いのでしょう。

 

初めは彼も慰め、彼女に寄り添っていたかもしれませんが、いくら話してもすぐにマイナス思考になってしまう相手に対し疲れてしまうものです。

 

かわいそうな自分を彼に見せ、かまってもらう行為は男性の気持ちを冷めさせてしまうことがあります。甘えたいのであれば、素直に彼に伝えたほうがよさそうです。

 

5. 急に不機嫌になる

男性は彼女が急に不機嫌になることが、理解できないと感じることが多いです。不機嫌になる原因が分からないため、このような態度の彼女をめんどくさいと思ってしまうのです。

 

女性からすると、自分の思い描いていたようなことをしてくれない彼氏や、言葉の裏にある本当の気持ちを察してくれない彼氏に対し、不満を感じてしまうので不機嫌になってしまうことがあります。

 

けれども男性は、彼女が話したことが全てなので、行間にある本心まで察することが苦手だと感じる人が少なくありません。

 

もし彼氏にしてほしいことや、分かってもらいたい気持ちがあるのであればきちんと言葉にしたほうが男性は彼女を理解しやすくなります。

 

交際は自分の思い通りにはいかないものです。相手があってこその付き合いなので、相手を気遣う配慮も必要ですよね。

 

まとめ

男性は彼女に対し、めんどくさいと感じてしまう瞬間がいくつかあります。多くの場合、彼女が彼氏に求めすぎていることが原因と言えるでしょう。

 

例えば、頻繁に連絡をし返信を強要したり、嫉妬からの束縛、愛情確認など、自分の欲を満たすために彼氏に接しているときです。これでは彼氏は、彼女のことがめんどくさいと感じてもおかしくないですよね。

 

まずは彼氏の気持ちを汲む努力をしましょう。自分勝手に行動するのではなく、彼の気持ちを考えることから始めると、めんどくさい女からは卒業できるはずです。

彼との音信不通で悩む女子必見!

これを知らずにむやみに行動すると、音信不通どころか彼との仲が修復不可能になってしまう恐れがあるのでお気を付けください。