音信不通の彼に連絡する頻度はどれくらいが適切?

彼と音信不通状態であれば「このままの状態だと絶対に自然消滅になっちゃう・・・。」こういった危機感に襲われてしまう事でしょう。だからついつい返信がないとわかっていても連絡してしまう。

 

「元気?」「何してる?」「返信してよ!」「生きてる?」このように、どんどん連絡する頻度も上がってしまい、それに対して返信がない事に落ち込む毎日が続いてしまいます。

 

音信不通の状態で連絡するのは構わないのですが、大切なのはその頻度です。また、どういった内容を送ると返信されやすいのか?音信不通の彼への連絡の頻度と内容のポイントをお伝えしていきます。

 

連絡する頻度は一ヶ月に一回でも大丈夫

音信不通になり、返信すらしてくれないとなると、何度も連絡をしてしまいがちになります。「ちゃんと届いていないのでは?」「本当に読んでくれてる?」といった悪い想像が膨らんでいき、気づいたら毎日のように連絡をしていた・・・、なんて事ありませんか?

 

音信不通というのは、あなたとの連絡を遮断している状態です。そういった連絡を取りたくない相手から何度も連絡が来てしまうと、もっと嫌になってしまうのは人間の心理ですよね?ですので、このような状態で連絡をする頻度は、一ヶ月に一度くらいの頻度で問題ないでしょう。

 

少ないと感じてしまうかもしれませんが、急がば回れという言葉があるように、これが一番の近道だということを認識しましょう。「毎日同じ人から来る連絡」と「一ヶ月に一度しか来ない連絡」どちらの方が希少性が高く、また興味が湧くでしょうか?もちろん後者ですね。

 

ですので、焦る気持ちはとりあえず置いておいて一ヶ月に一度の連絡を心掛けましょう。音信不通の彼と連絡を取り合えるようになるには、待つ覚悟も必要です。

 

内容は彼が興味の湧く事

連絡する内容としては、彼が興味の湧く内容を送るように心掛けましょう。決して「連絡してくれるのを待ってる」「どうして連絡くれないの?」といった、音信不通に対しての内容や、連絡が来なくて辛い気持ちになっているといったような、あなたの気持ち中心の内容を送ってはいけません。

 

そういった連絡をするだけで、返信率は急激に落ちるというよりも、ほぼ返信はないと考えて良いでしょう。ですので、彼がつい返信したくなるような内容を連絡するように工夫をしてみましょう。

 

彼の好きな事や趣味は何でしょうか?そういったネタを切り口にメールを送ってみるのも良いでしょう。「今度友達と野球見に行くんだけど、どこのチームがオススメ?」といった内容であれば、野球が好きだったり趣味でやっている人であれば、つい返信したくなってしまいますよね?

 

また、彼は音信不通にしたことで少なからず罪悪感も感じているはずです。こういったメールを送ることで、「もう怒っていないのかな?」といった安心感も生まれるので、楽な気持ちで返信できるということも考えられます。

 

返信がなくても動揺しない

自分が送ったメールやLINEに返信がないと、不安になったり怒りの感情も湧いてきたりします。しかし、いちいち返信がないことに動揺していてはいけません。むしろ、連絡をしたところで返信は来ないだろうと考えていた方が気は楽です。

 

また、音信不通の状態から元の恋人関係に戻ろうと考えるのであれば、間違いなくある程度の期間は必要なので、少しの事で一喜一憂していては精神状態も持たなくなってくるでしょう。「いつか返信してくれれば良い」という心持ちでいれるように、余計な事は考えない事がポイントとなります。

 

こんな状態の時は、自分の好きな事や没頭できることに時間を使うのも有効的です。特に、自分自身の女性としての魅力を高めることに時間を使うのも良いかもしれませんね。自分の魅力を高めることで自信もつきますし、ただ彼の返信を待っていて辛い気分でいる時間よりも、より有効的な時間になることでしょう。

 

考え方にもよりますが、現状をネガティブに考えずポジティブに考える事ができれば、行動も変わりますし結果も変わります。彼との音信不通が解除になるまでの時間は、そういった時間に当てたいところです。

 

おわりに

「しつこいのは嫌われる」これは当たり前のことですが、音信不通の時にどんどん連絡してしまうのは、ただしつこいだけと思われます。もう一度連絡をしてほしいと考えるのであれば、しっかりと頻度を守るようにして下さい。

 

しつこく連絡をするよりも、たまに連絡をした方が確実に返信率は上がります。そして内容にも注意して連絡する事ができれば、彼から連絡が来るのもそう遠い日ではないのかもしれませんよ。

彼との音信不通で悩む女子必見!

これを知らずにむやみに行動すると、音信不通どころか彼との仲が修復不可能になってしまう恐れがあるのでお気を付けください。